タイヤのついた乗り物が好き

バイクに乗るまでのこと

バイクに目覚めるのは、とても遅かった。

車に惹かれてバイクに興味が湧かなかった。

 

自動車デーラーに行きカタログをもらい、それを眺めるのが好きな子供だった。

細かな造形などを見て楽しんでいたいた記憶はないが、

何を眺めて楽しんでいたのかは、今となっては分からない。

とにかく格好いいもの! そんな感じだったと思う。

 

当時、我が家にはエアコンがなく、夏は暑くて冬は寒い。

夏は扇風機からの風で暑さを凌いで、冬はストーブで暖をとって。

そんな生活をしていた。

免許を取得できる年齢になり、車のある生活をして驚いた。

なんて車は快適なんだろう!

暑いときは ACボタンを押すだけで冷風が吹き、寒いときは熱風が吹く。

家の環境と比べ物にならないほど快適だった。

 

当時は、いまと違いスポーツカーが巷にあふれていた。

薄っぺらで流れるような形のボディ。

なんて車はカッコいいんだろう!

自分を引き立てるための道具としては最高だった。

当時は夜中となれば、車通りの少ない直線道路にハイパワーな

車が集まりゼロヨン大会が開かれていた。

ガソリンも今より安く、1リッター90円台で、あまり燃費を

気にすることなく、走らすことができた。

 

マフラー、コンピューター、足回り、エアロパーツ・・・。

カスタムすれば更に速く走り、見栄えが良くなり、

そうして車の魅力に惹かれていった。

 

この頃、バイクに興味を持つことはなかった。