左ハンドルの外車

他の人との違いに価値を感じ、外車に興味が湧いてきた。

アメリカ、イタリア、フランス、イギリス、そしてドイツ。

様々な国のメーカーがあるが、購入するには手にする給料に

見合った車両でなければならない。

まだまだ外車の知識がなかった当時、イギリス車は右ハンドルの国。

このことすら知ることがなかった。

結局、外車一号車となったのは、ローバー ミニだった。

それも左ハンドルのキャブ車の並行輸入車を。

イギリスは右ハンドルの国ということを知ったのは、

購入して、しばらくしてからのことだったが、

知ってから複雑な思いになった。

それ以外にも、並行輸入車とディーラー車の違いがあることも知り、

更に複雑な気持ちになった。

メンテナンスができる店で購入していれば、並行輸入車でも

さほど問題はないことも、のちのち知ったことだったが。

どうも気持ちだけが先攻してしまい、情報収集がおろそかになってしまう。

そんな性分のようだった。

キャブ車がどんなものなのかも知らずに、ある日エンジンをかけて

出かけようとしたら、回転数が上がったまま降りてこなくなり

困ったことがあった。

早速、購入した店に連絡をして、引き取りにきてもらったところ

キャブが詰まっているとのことで、キャブ清掃をして

復活したことがあった。

聞くと、定期的に清掃をしなければならない箇所だったようだ。

今では、そこで一つ勉強をしたと思っている。