タイヤのついた乗り物が好き

バイクに乗るまでのこと

高校生のときにあった、バイクの三ない運動

「免許を取らせない」「買わせない」「運転させない」の影響なのか

興味を持ったのは、車のチューニングだった。

しかし、気が小さい自分は、峠道を高速で走って事故ったときの

修理代のことを考えてしまい、ゼロヨンを選択した。

そこに集まる人、祭りのような雰囲気も心地が良かった。

公道でゼロヨンをしていたので、警察が取り締まりにきたら、

捕まらないように逃げるという刺激もあった。

 

当時はあまり深く物事を考えて生きていなかったので、

つぎ込んだお金に比例して車は速く走る。なんて考えていなかった。

その頃は、車に対してこんなことを感じていた。

タイヤが4つあると安定するから安心。そして、自分の部屋よりも快適な空間。

 

バイクの三ない運動の影響なのか、タイヤが2つだと不安定で転倒したら大怪我。

気が小さい自分は、そんな考えだったのでバイクに興味は持たなかった。

興味の中心が車になり、チューニング熱が醒め始めてきた頃、

今度はカスタムというものを知った。

同じ車に乗っている人の車よりもカッコ良くする。

そして誰よりもカッコいい車に仕上げる。

カッコ良くするためだけのローダウンやエアロパーツ、

カスタムに興味がない人が見たら、どこが変わったのか分からないような

自分だけのコダワリ。そんなことに夢中になった。